セフレアプリはスマホでパートナーを探せる

アプリで出会った女とセフレ関係になった体験談
俺は×1で、もういい年になってます。

 

今は結婚を考えてる女はいないのですが、そのかわりセフレの女はいます。

 

結婚はもううんざりですけど、セックスはやっぱりないと寂しいですからね(笑)
セフレはケイコといいます。

 

ケイコと出会ったのは、実は出会い系アプリです。

 

前の嫁と離婚してからしばらくは自分でマスかいてたんですが、やっぱり女とセックスしたくなって、それでアプリに登録したんです。

 

そこで何人かの女とメールのやり取りをしたんですが、最終的にケイコと会うことにしました。

 

 

ケイコは俺より3つ年下で、きれいな顔立ちでしたが、なんだか少し妖しい感じの女でした。

 

とりあえず車に乗せ、食事に行きました。

 

こじゃれたイタ飯屋で食事をとったのですが、ケイコは「結婚まではする気はない。

 

だけど、身体が寂しくてたまらない」と言うのです。

 

俺も×1でもう結婚はこりごりだけど、セックスはしたい」と話すと、「なら割り切った関係がいい。

 

ただ、会ってる時だけはセフレとしての時間を過ごしたい」と言うので俺も了承しました。

 

 

食事の後、車で夜景を見に行きました。

 

夜景の見えるポイントに車を止め、ケイコを抱き寄せてやりました。

 

ケイコは「こういうの、本当にセフレ同士って感じ」と俺の肩にそうっと自分の頭を乗せてきました。

 

前の嫁はこういうことをしてこなかったので、すごく新鮮で、しかも幸せな気分になりました。

 

そのまま、お互いの手がお互いの身体をまさぐり合い、いつしかお互いに服の中に手を入れて、お互いを愛撫していました。

 

もう俺も我慢が出来なくなって「車の中だけど、いいか?」と聞いたら、ケイコは無言で頷き、俺にキスしてきました。

 

そのまま助手席のシートを倒し、お互い服を着たまま、正常位でセックスしました。

 

もう無我夢中で、気付いたら俺はケイコのなかにザーメンを放出していました。

 

ケイコは「ピル飲んでるから大丈夫」と妖しい笑みを浮かべ、俺の唇にそっとキスしてきました。

 

 

それから俺たちはセフレになり、時々会ってセックスしています。

 

その時だけはセフレとして濃密な時間を過ごします。

 

セックスしてる時は確かにお互いに愛し合ってるんですが、会ってない時は何事もありません。

 

ですが、お互いにお互いの身体が気に入ってるので、今はアプリを使うのは小休止といったところです。
山梨県/40代/男/配管工

セフレアプリはスマホでパートナーを探せる記事一覧

彼との出会いは、ライブ配信をできる、とある笑顔になれる動画アプリでした。出会った当時は私も高校生。勉強の合間、趣味としていろんな人の放送を聞いていました。いろいろな人の、いろいろな声を聞く中で、ふとなんとなくクリックした後の彼氏となるAくんの放送。特に喋りが上手いわけでもなく、顔を出す配信出会ったわけでもなく、興味のある内容であったわけでもなかったのですが、Aくんの声は私をすぐに虜にしてしまいまし...